スソガ対策によし!汗かき体質のデリケートゾーン8つのケア

スソガ対策によし!汗かき体質のデリケートゾーン8つのケア

 

スソガ対策はワキガクリームで殺菌、抑汗ケアが一番効果的。デリケートゾーンはこまめにチェックできない部分なので、トラブルが発生しやすいエリアですよね。とくに気がつかないのが汗の量。

 

下着でムレやすいだけでなくアポクリン腺が多いので、ニオイを発生させる汗をたくさんかいています。ではどうすれば汗かきのデリケートゾーン対策ができるのでしょうか。早速オススメの8つの方法をご紹介したいと思います。

 

デリケートゾーンの汗対策は

  • 下着
  • 洋服
  • こまめに交換する
  • 脱毛
  • デオドラントスプレーに注意
  • ベビーパウダー
  • おりものシート
  • デオドラントシート

以上8つのポイントをご説明しましょう。

 

スソガ対策は汗を吸収する下着選びがポイント

体が汗をかくのは体温調整やデトックスなどの意味があり、暑いと感じなくても体からは自然に汗を排出しています。しかしワキやデリケートゾーンなどの部分はアポクリン腺が多く、体温調整よりは体内の老廃物を出す汗が多くでています。

 

また密閉した部分で毛穴の数もほかの部位より多くとてもムレやすいですよね。そこでデリケートゾーンの汗対策としては、最初に下着選びが重要な点。吸汗性に優れた特殊な素材や綿素材を中心に選ぶとよいでしょう。

 

さらっとした着心地が良い素材のなかにはポリエステルを使用するタイプもあり、敏感肌には合わない場合もあります。下着はとくに肌の摩擦も激しい部分なので綿素材で吸汗性と快適な使用感を一緒に満足できるといいですね。

 

洋服で締め付けるのは汗をかく原因

スキニーパンツやレギンスなど、デリケートゾーンがぴったりするタイプの洋服は体温が上がる要因です。すると汗の量も増えるためスソガ対策もこれではうまくいかないでしょう。
ぴったりした衣類は通気性も悪く汗をかいてもなかでこもってしまう悪循環が続きます。そこで汗かきにオススメなのは綿素材のスウェットパンツ、スカート、ワイドパンツなど。通気性が高く肌との摩擦が少ないため、汗の量を効率的にコントロールできます。

 

エクササイズをするときはピッタリした服装でなくとも、快適に動けるタイプならOK。汗をかきやすい状況ではさらに衣類も慎重に選びたいですね。デリケートゾーンは座ったり動いたり、肌にかかる圧力も多い部分です。なるべく呼吸ができるようにゆったりした洋服を選びましょう。

 

汗をかいたら下着はこまめに交換する

カンジダ菌は女性にとても多い菌が原因で起こる症状で、かゆみや痛みなど不快な症状が特徴です。デリケートゾーンは汗やおりものなど菌が好む条件が揃っていますので、繁殖してからではもう手遅れ。そこで汗かきの人は常に清潔に下着を交換することが菌繁殖を抑えるコツになりますよ。

 

ジムに行くときや屋外で汗をかきやすい時は替えの下着を持参しましょう。アポクリン腺の汗はべたつきやすく、水分が多いエクリン腺の汗よりも蒸発しにくいことが特徴です。汗だけでなくオリモノも菌のエサになるタンパク質を多く含んでいますので、スソガが気になる人はとくに下着交換はこまめにやっておきましょう。

 

アンダーヘアの脱毛は汗かきにメリット

脱毛がブームになりVIOを綺麗にする女性が増えています。アンダーヘアは下着や水着になった時に綺麗に処理しておかないと恥ずかしいですよね。剃刀処理を続けると毛穴の黒ずみが目立ち、肌の色素沈着はなかなか改善できません。

 

汗かきの人はアンダーヘアがあると通気性が悪く、さらにニオイの元になる菌が発生しやすい状態。汗対策やニオイ対策としてはアンダーヘアの処理は大切になってくるわけです。

 

そもそもデリケートゾーンには体を守るために毛が多く集まって生えています。大切な役割がありますが、衣類の締め付け、汗などが一体となりとても不衛生なエリアなのです。またムダ毛があると菌が皮膚との往復を続け、下着を交換しても毛のなかに菌が存在している状態。しっかり脱毛するなら脱毛サロンでお手入れするとスソガ対策にもメリットになりますよ。

 

デオドラントスプレーに注意しよう

汗を抑えるデオドラントスプレーは、殺菌成分、香料、アルコールなど肌に刺激を与える成分が色々使用されています。ボディ全体に使うには大変魅力的なアイテムですが、デリケートゾーンはほかの体の部位よりもとても繊細なので、デオドラントを使う時はスソガ対策ができるワキガクリームがオススメです。

 

クリームなら汗をかきやすいエリアでもしっかり成分が皮膚に吸収されるので、抑汗や殺菌効果も抜群です。デリケートゾーンは入浴時に洗う摩擦、下着による摩擦など一日中肌に負担がかかっていますので、これ以上過酷な状況にはしたくありませんよね。

 

スソガ対策によいワキガクリームは保湿効果もありますので、ボディケアの時にオススメですよ。

 

ベビーパウダーで肌をサラサラにする

パウダー粒子は市販のデオドラントにも使用されるように、汗腺を塞いで汗の量を抑制する働きがあります。一部のベビーパウダーには有害物質が含まれ子宮がんを招く恐れもあるとして問題になっていますが、コーンスターチが100%のパウダーなら安心して使用できます。

 

またデリケートゾーン専用のパウダーもありますので、暑い季節はパウダーでさらっと感を出すのもよいでしょう。ベビーパウダーを使う時は必ず配合成分をチェックして、肌に安全かどうか判断してくださいね。

 

おりものシートは必要な時だけ使う

おりものシートは生理前などおりものが増える時にとても便利ですよね。下着を常に清潔に保てるため、汗かきの人にもよいアイテムです。下着の交換が面倒な時はとても便利なのですが、逆におりものシートは汗をかきやすくするため、暑い季節は逆効果に。ほとんどのシートは通気性にあまりこだわらずに作られていますので、長時間使うのは逆にムレる原因になりますよ。

 

できるだけおりものシートは必要以外は使用しないこと。肌の摩擦も増えて乾燥する原因になりますし、汗対策にはあまり適していません。生理の前後などどうしても必要な時だけのアイテムとして活用しましょう。

 

デオドラントシートで肌を綺麗にする

デリケートゾーンの汗は下着のなかのムレ原因になるだけでなく、スソガ対策としても抑汗はとても大切です。皮膚の悪玉菌は汗を餌にして繁殖しますので、ニオイが強くなりとても不快。デリケートゾーン専用のケアグッズが近年とても充実していますので、汗対策にはシートタイプのデオドラントを使うのも方法のひとつ。

 

殺菌成分、抑汗成分、また爽快成分なども配合されていますので、汗をかく季節は常に携帯しておくと便利ですよ。ティッシュだけでは菌まできれいに取り除くことはできません。デオドラントシートなら汗も菌も一緒にケアできるので、さっぱりしたい時に活用しましょう。

スソガ対策のトップへ

関連ページ

デリケートゾーンの悩み対策【10の方法】
スソガ対策は女性にとって大切なこと。自分の体のことはよく知っているつもりでも、意外と悩みが多いのがデリケートゾーンエリア。お手入れしないとあらゆるトラブルになりやすいエリアなので、普段のケアがとても重要です。そこでご紹介したいのが、デリケートゾーンをいつもハッピーで健康にするケア方法について。お肌のお手入れするように、女性は毎日大切な部分も忘れずにケアしましょう。
デリケートゾーンのトラブルの62%は生理が原因?生理用ナプキンの正しい選び方!
生理用ナプキンは女性にとって必須アイテムで、毎月使うものですから色々とこだわる点もあるでしょう。市場に出回っている生理用ナプキンはそれぞれ異なる特徴がありますので、あらゆる点を踏まえて自分に合った正しいタイプを購入することが大切です。 ナプキンによってはスソガが悪化する場合もありますので慎重に選びましょう。
性病でデリケートゾーンのニオイが強くなる時の対策
デリケートゾーンの悪臭原因のひとつにスソガがあります。しかし、性病にかかった時もニオイが強くなる場合がありますので、この場合は早期治療をしないと大変危険です。ではスソガ対策で知っておきたい性病の場合のニオイについて詳しく見ていきましょう。
デリケートゾーンにかゆみの症状がある時はどうしたらいいの?
デリケートゾーンのトラブルのなかで一番多いのがかゆみ。それにつづいてニオイ、ムレ、かぶれなどがあります。スソガ対策はニオイの原因となる汗や菌を退治することが基本になり、いつも下着で締め付けられている部分なので汗をかくと様々な不快な症状を感じることがありますよね。そこで早速ですがかゆみの実態について見ていきましょう。
デリケートゾーンのにおい原因はなに?オススメの改善策について
デリケートゾーンは女性が抱える悩みのひとつで、正しくケアをしていない人も多く存在します。におい対策はエチケットであるだけでなく、デリケートゾーンの場合は病気の疑いも心配になりますので早期に対処することが必要です。ではデリケートゾーンのにおい原因と対策についてみていきましょう。
デリケートゾーンのケアにオロナインは使っても大丈夫?
デリケートゾーンのトラブルにオロナインを使えるのかどうかちょっと気になる点ですよね。人には言えない恥ずかしい悩みが多いデリケートゾーンですが、家庭用の軟膏としてとても万能なオロナインを使うのは果たして正解なのかどうか。デリケートゾーンのトラブルにオロナインを使う方法について詳しく見ていきたいと思います。